見直す時期は

家族

保険見直しをするのはいつがいいか

保険見直しは、いつすればいいのかとなると、ほとんどの方が家計に占める保険料の割合が増えてしまって家計が苦しい時など切羽詰った時にされる方が多いです。しかし、保険見直しは健康診断と同じです。重い病気にかかってから健康診断を受けても意味がないです。健康なうちに健康診断を受けて、悪い所があれば症状の軽いうちに治療しておくことが目的となります。そのため保険見直しも、保険に加入するのも健康なうちにしか加入できないですし、支出が増えてから慌てて保険見直しをしても対処はできますが、もっと前から相談をしていればこのようなことにはならなかったというケースもあります。保険の見直しは、基準をつくっておくとよいです。子供が産まれたり、収入が減った支出が増えたなど基準を決めておくことです。

保険の見直しの方法とは

保険見直しといわれますが、具体的にはどのようなことをするのかというと、保険の保障内容をみて他社と商品で同じ保障内容があれば保険料の安い商品に切り替える、特約を追加する、特約をはずす、保障内容が重なっているものはどちらか一方にする、保険の解約をする、新しい商品に加入をする、必要保障額を増額するまたは減額するなどさまざまな方法が保険見直しでは行われます。ファイナンシャルプランナーは、ライフプランに合っているかどうかを確認をして、そのプランに適した商品を選択してくれます。保険料を節約することができれば、その分を貯蓄に回すことができます。保険はずっと加入しているものではなく卒業するものです。貯蓄をしてカバーできるだけ築ければ保険は不要なのです。

Copyright© 2017 FP保険相談をすれば自分に合うプランを提供してくれる All Rights Reserved.