見直しの必要

女性

保険の額と収入の額は比例しています

保険見直しを最近してみたことは、ありますか。いざという時に、必要な保険ではありますが、日常的には使いませんし意識することもないはずです。自分が入っている保険の額はわかっていても、その詳しい契約の内容などは覚えてはいないのが、一般的になります。毎年更新手続きをする自動車保険はともかくとして、医療保険などは特に意識はしていません。それでも毎月支払われることによって、どのくらいの金額の保険に入っているかはわかります。どのくらいの保険に入っているのかは、年収によって大きく分かれています。月収が25万円前後の場合は1万5千円くらいで、月収が40万円前後の場合は1万8千円くらいと給料に比例しています。収入が多ければ、家計にも余裕がありそれだけ保障内容が充実した、保険に入れることになります。しかし高額な保険に入っているからといって、それがあっているのかは疑問です。疑問を解きほぐして保険見直しを、してみてください。

医療も保険も進化しています

保険見直しを何故すべきかというと、医療の技術や知識に変化があるように保険の内容にも変化や進歩があるからです。医療は日進月歩と言う言葉があるように、日々進化をして医療制度自体が変化を遂げている部分があります。例えば少し前まで、入院して手術をしなければ治療が難しいと言われていた疾患は、通院して投薬治療が中心となってたりするのです。このような医療の進化には、保険も対応しなくてはバランスがとれません。以前入って安心しているだけでは、いけないのです。どんな内容での契約だったのかを、今一度確認し現在の状況に見合った保険見直しをするのが、すべきことです。まずは保険証書を、見直すところから始めましょう。分からなければ、保険の窓口やネットでも、ファイナンシャルプランナーが相談に応じてくれます。

Copyright© 2017 FP保険相談をすれば自分に合うプランを提供してくれる All Rights Reserved.