加入のメリット

ウーマン

節税効果

保険、特に生命保険に加入をすると節税対策になります。個人で考えた場合には節税効果がある商品は金融商品でも複数あります。近年改正されてさらに使い勝手が良くなった確定拠出年金があります。これは将来の年金資産を自分で選んだ運用商品で作るものですが、支払った掛金は節税効果がありますので、近年非常に人気となっています。またNISAも運用益に対しての課税が小口であればされないなどのメリットがあります。これ以外では保険に加入する事で大きな節税対策をとる事が出来ます。この節税対策は2つあり、1つは自ら加入して得られる効果です。生命保険に加入して保険料を支払うと、生命保険料控除が使えます。さらに年金保険に加入すると同じく控除が使えます。加入し支払いをするだけで年間12万円の節税効果を得る事が出来ます。2つ目は相続または贈与での節税対策が可能という点です。加入をして万が一の場合は保険金がみなし相続財産として課税対象となりますが、500万に法定相続人数を掛けた数は非課税とする事が出来ます。さらには契約者を分けて加入した場合に契約者が死亡をすると、相続上はその時の解約返戻金が評価となります。低い解約返戻金であれば現金を保有しているよりも評価を低く抑える事も可能です。これ以外にも生前贈与で生命保険を活用するケースもあります。相続においては近年基礎控除が引き下げられ、節税対策としての生命保険活用が大きなメリットを持つようになっています。

Copyright© 2017 FP保険相談をすれば自分に合うプランを提供してくれる All Rights Reserved.